その他の注意したいポイント

行動に移す前に確認しよう

iPhoneの調子がおかしい、又は注意不足で手元にあったiPhoneを落として破損や、水没したりするとパニックになり、何をしたら良いのかと茫然としてしまいますよね。修理に出そうとそのまま行動に移す前に、一呼吸。iPhoneの修理に出す前に幾つか確認する事があるのです。まずはその端末の保証期間の確認。iPhoneは購入後1年間は無償の保証サービスを受けられます。これは「自然故障」による故障で、コネクタの接触不良といった、過失や事故などに原因とするトラブルで、本体に破損等が見られない場合のみの保障です。保障期間が過ぎてたり、破損、水没などの過失や事後、経年劣化によるものは適応されません。又、この保証サービスは非正規の業者では受けられませんので注意が必要。そして保障周囲が確認出来たら修理に出すのですが、その前にやっておくべき事があります。

iPhoneを修理に出す前の準備と必要なもの

まずは、iPhoneデータのバックアップ。修理に出すと個人情報の保護の為、修理の過程でデータがすべて初期化されます。その前にiCloud、iTunesでバックアップで取りましょう。それぞれ必要な環境によって取る方法が違うので、Wi-Fi環境であるならばiCloud、パソコン環境があるならばiTunesで取ります。どちらともないという場合は、iXpandというiPhone用のUSBメモリで取りましょう。取り終わったら、「iPhoneを探す」という機能をオフにしましょう。これをしないと修理に出せません。そしてIDのパスワード、購入時のレシート、本人確認が出来る免許証など提示する必要もあるので、修理前には予め用意しておきましょう。

iphone修理を横浜で正規の修理を行う場合には、認定された「正規サービスプロバイダ」を探し、修理を行う必要があります。